AB AC AA

この初手が非常に難しい
今まで組んでなくてありなんじゃないかという手が浮かんだのでメモ


ちなみにこれは嫌い
1列目の二段差が地味に捌きにくい


*思い浮かんだやつ1


こっちのほうがツモの受けが広そうな気がする(要検討)

将来てきに赤三つは追い打ちの起点になりそう
しかし暴発の可能性が高いので実際のところ謎

4手目が赤黄のときの捌きが難しいのが難点?


*思い浮かんだやつ2

このときだけ赤を上で揃えると連鎖がまとまりやすそう
これが僕の中で一番形が綺麗に思える


4手目赤ゾロが来たときは3手目変化で千切るか単発かの二択になりそう
スポンサーサイト

初手研究

AA BC BC の話



大体の人がこう置くと思うんですよ



今はこれを試してます
色々見えますよね

6万点

     
14連鎖 85480点        13連鎖 71400点         12連鎖 58600点
     
12連鎖5連結 61580点     12連鎖6連結 64540点    12連鎖7連結 67520点
   
12連鎖5・5 64240点    12連鎖5・5・5 66580点

後半の連結ってすごい

初手ABCD

ACにはないし、2ぷよはなんとなく組めてるからいいや!と思って考察してなかったけど

よく考えるとかなり重要なパターンがあった

全消し戦

最近全消し戦は左側に積んでやってるので左だけ考察

2手の置き方パターン



この五種類しかない・・・はず

全部効率よく伸ばそうと思うと81待ちになるように思う
→3手目で置き方が変わる!
→考察するのダルイヨー
→今日はここまで

楽な相手

「俺のほうが強いのに、うまいのに!」と思ってるやつ
「実力は互角なのになんで負けてるんだ」と思ってるやつ
(ただし、自分側が博打で勝ったときを除く)

なんで負けてるのに実力が同等以上だと思えるのかわからない(笑

無駄にバカでかい催促撃ってくる相手にシンクロ本線とか
うまい「フリ」をしてる相手との対戦は本当に楽

こういう人は本当に成長が遅いもしくは成長しないので楽ですね


自身の戒めの意味も込めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。