僕のすべて君へのすべて その2

練習して採点してきたので結果から!

20140907点数
20140907詳細

精密採点で初めて90点越えたのでテンションあがりましたね。
まだまだ怪しいところもありますが大台乗ったので満足です。
やっぱりいないんだよのところが特にまだしっかりできてないなあと感じました。
あと最高音が若干不安定なのも気になったけどこれはその日の調子次第なところもありそう
あとボカロ曲にありがちなことだけど息継ぎが少なくて
自分の肺活量だとすぐ息切れしてしまうので
息継ぎできるときに目一杯やるのも大事だなあというのを肌で感じました。
もっと音程と安定性を上げていきたいところです。

今回は動画取ってないので記憶頼りのメモなので
特に気になった所だけのメモになります
実際はもっとずれてます
音程以外もブレス位置を書き込むようにしたほうがいいかもなあと思ったけどそれはまた今度



色分けメモ
上にずれてる
下にずれてる
ちゃんと覚えてられていない
重点的に直すべき


( 歌詞は初音ミク Wikiから引用 )

小さな頃から同じ時間を 歩んできた僕と君
好きな物も嫌いな物も 何でも知ってる

大人になっていくにつれて 知らないことも増えてきた
だけどこの気持ちだけは あの頃のままだよ

出逢ってもう何十年 寄り道もしてきたけれど
君を越える存在は やっぱりいないんだよ
この想いを伝えるよ

また少し綺麗になっている 君に少しドキドキ
星空を見上げながら僕は 君に想いを伝えた
泣いているように見えた

いつも隣にいたからこそ 忘れているものも多くて
感情を隠していればいいと思ってた

幼馴染みじゃなけりゃ 簡単に伝えられてたのかな?
だいぶ遅くなったけれど これが僕のすべて
これが君へのすべて

また少し綺麗になっている 君に少しドキドキ
星空を見上げながら僕は 君に想いを伝えた
泣いているように見えた

想いを伝えた目の前、泣き顔の君が言った
「もう遅いよ。ずっと好きだったのに。」
君の指には光る物が 僕の恋が終わりを告げた・・・

溢れる君との思い出 涙で前が見えない
去っていく君の姿を 引き止める事も出来ないまま
後悔だけが消えないまま
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。